メニュー 閉じる

悩みが多いときの整理法

こんにちは、今日は「悩みが多くてどうしたらいいか分からない」「悩みごとが多くてごちゃごちゃになって分からなくなっちゃった」という方の悩みの整理法をお教えしたいと思います。

頭の中だけで考えているとなかなか整理がつきません。いったん悩み事をノートに書いて整理してみましょう。

1.悩み事を書いていく

2.その中で実際はまだ起きていない悩みに斜線をひく(今ある悩みだけにする)

 「こうなったらどうしよう」「きっと起きるはず」など、まだ起きてもいないことを考えるのは無駄なことです。起きてから考えても同じことです。

3.悩みの優先順位を決める。(大したことがないものは後回し。早急に片付けた方が良い悩みから順位をつけていきましょう)

4.今解決しなくても良いものはよけておく(後回しにできるものはよける)…しばらくそのままにして、大丈夫そうなら消す。どうしても気になるなら解決できるように努力してみる。

5.悩んでも解決できないもの、自分の悩みではないものは捨てる(消す)自分以外の人の悩みや、改善できない事にいくら時間を費やしても無駄なことです、消しましょう。

書きだしてみると、まだ起きてもいない悩みや、やらなくてもさほど困らない事で悩んでいたことが分かります。 頭の中でいろいろ考えている時よりも、書くことで客観的にみられるようになったと思います。 やることの順位をつけることで、具体的にどうすればよいかも見えてきます。

そしてまだ起きていないけれど、将来のことが気になって捨てられない悩みなら、具体的な対処法を考えてみましょう。 悩む気持ちや不安は漠然としていることが多いので、自分が思う最悪な状況が起きてしまったら具体的にどう対処するかを考えておけば安心できます。

「もしもこうなってしまったらどうしよう」ではなく、「もしもこうなってしまったらこうすればいい」と具体的に考えておくと気が楽になります。